肺機能(呼吸器の検査)とは、空気を肺に出し入れする換気機能、空気を肺に ためる力・はく力のレベルを調べる検査です。

胸部X線検査とは、X線の写真で 胸の病気を診断するのに用います。

肺機能(呼吸器の検査)の数値

空気を肺に出し入れする換気機能のレベル、また 肺の容量を調べる検査で 多数の検査項目がありますが スパイロメータという計測器を使用する検査が 一般的に行われています。

肺機能 呼吸器の検査 - 基準値(正常値)

単位:肺活量(%)1秒率(%)

肺活量(%)80以上1秒率(%)70以上

肺機能 呼吸器の検査 - 低い値

肺活量(%)79以下

1秒率(%)69以下

低い数値で疑われる疾患

  • 肺活量 : 間質性肺炎、肺線維症、肺切除後など 肺の容量の縮小、または 伸展性の低下が考えられます。
  • 1秒率 : 慢性気管支炎、肺気腫 など 空気の排出障害が考えられます。
  • 肺活量、1秒率ともに低い数値の場合は 肺気腫などの 混合性の換気障害が疑われます。