ウロビリノーゲンとは、ビリルビンが胆汁に含まれて 十二指腸に分泌され腸内細菌によって分解されたものを言います。

尿ウロビリノーゲンとは、その一部が 腸で再度吸収されるのですが 腎臓、肝臓を経由して 尿の中に排出されたものをいいます。

尿ウロビリノーゲン の数値・高い値~低い値

尿ウロビリノーゲン検査では、尿を試験紙に浸し 変色の度合いを見ます。
肝臓に異常があると 尿ウロビリノーゲンの量と連動して 総ビリルビン値の上昇も増えます。

直接ビリルビン値の異常と同様の疾患があるかないかが判断されます。
肝機能の異常を知る指標になります。

尿ウロビリノーゲン - 基準値(正常値)

検査の数値 単位:陰性(-)/陽性(+)

弱陽性(±)

尿ウロビリノーゲンの数値・基準値検査 高い値

2+以上

(+)

高い数値で疑われる疾患

  • 便秘、肝臓障害、溶血性貧血

尿ウロビリノーゲン - 低い値

(-)

低い数値で疑われる疾患

  • 閉塞性黄疸、胆汁うっ滞

尿ウロビリノーゲンは 陽性でも陰性でも何かしらの疾患・異常が考えられるのですが必ずしも 異常・疾患があるわけではありません。

正常とされる弱陽性(±)でも 病気が存在しないとは断言できません。
基準値でない場合は 関連の検査が行われます。
その検査結果によって 重要度と 病気の有無、病名が判断されます。

尿ウロビリノーゲンの検査だけでは 正確な診断を決定するのは難しい事は珍しくはありません。