肝臓は、身体 右側~真ん中に位置し けっこう大きめな臓器で 有害物を解毒化したり 必要な栄養を貯蔵したりと 人間の身体にとって数えきれないくらいの重要な働きをしています。

胆のうは 胆汁を濃縮する えんどう豆のような小さい臓器で 肝臓の下側にあります。

肝臓(肝機能)・胆道の検査によって 肝臓の疾患、様々な身体の疾患を調べる事が出来ます。

肝臓(肝機能) 胆汁は 酸とコレステロール などを含む液体ですが 胆汁色素による色が 便の色を作り、また 黄疸症状で 顔が黄色味を帯びてきたりします。

肝臓で製造された胆汁は 胆のうで蓄えられて 濃縮され胆道十二指腸へと分泌されていきます。

胆汁酸は 腸内の脂質を 消化・吸収できる形にする消化液で 重要な役割を担っています。

肝臓の重要な働き

先にも書きましたように 人間の身体にとって数えきれないくらいの重要な働きをしている肝臓ですが その 主たる機能を挙げてみました。

  • 血液の貯蔵。必要な時に 供給。
  • 血漿たんぱくを合成。
  • 血液が止まるよう 凝固できる物質を生成する。
  • 胆汁を分泌し 脂肪の消化吸収を助ける。
  • コレステロールの合成。
  • ビタミン各種を貯蔵する。
  • 栄養素(エネルギー源)を グリコーゲンに変化させて 貯蔵する。
  • その グリコーゲンをブドウ糖に変換して エネルギーを身体に供給する。
  • 有害なアンモニアなどの物質を 無毒化する。
  • 有害で多すぎる ビリルビンやコレステロールを排泄。

細かく分ければ 肝臓のお役目は まだまだ あるようです。

このように 重要な役割を担っていまして よく働いてくれる臓器なのですが 飲みすぎや 食べすぎ、特に糖質や脂肪分 など多く摂りすぎてしまう毎日が 日課となり 長年続く生活を送っていると いずれは 肝臓のキャパシティを超えてしまいます。

有害物を 無毒化することも出来なくなってしまい 身体全体にダメージを受けてしまいます。

悪い数値が出てしまう前に 年に一度は健康診断を受け 自分の数値の 微妙な変動を把握しておきましょう。