視力検査とは、遠くの小さいものが見えるかどうかの能力を 文字や ランドルト環のわっかの切れ目で測ります。近視、乱視、遠視などの屈折異常がわかります。

眼圧検査とは、高眼圧症や 眼球内圧から緑内障を発見する事ができます 。

視力検査・眼圧検査 - 健康診断

ランドルト環

視力検査では 裸眼(肉眼)視力と、コンタクトや 眼鏡を付けた「矯正視力」の両方を計ります。

裸眼視力で 1.0 以上であれば 矯正の必要の無い正常値です。

0.7 以上あれば日常生活に支障はきたしませんが、運転免許取得の際には 矯正視力 0.7 以上(両目)が必要となります。

目の検査 - 基準値(正常値)

検査の数値 単位:眼圧検査(mmHg)

視力検査 : 0.7~1.5眼圧検査 : 7~21

目の検査 - 高い値

視力検査 : 2.0 以上眼圧検査 : 22 mmHg以上

高い数値で疑われる疾患

  • 視力検査遠視
  • 眼圧検査高眼圧症、緑内障

眼圧は変動しやすく 測定値が 21mmHg前後の場合は時間をあけて 再度、測定します。高い眼圧が続く場合は 治療を施さないと失明する恐れがありますので 精密検査を受け 原因を調べます。

目の検査 - 低い値

視力検査 : 0.7 未満眼圧検査 : 7mmHg未満

低い数値で疑われる疾患

  • 視力検査近視、乱視
  • 眼圧検査網膜剥離、脱水、虹彩毛様体炎、外傷