血小板とは、出血を止める働きをします。

血小板の数が増加すると、血が固まりやすくなり、減少すると血が止まり難くなります。

PLT 血小板 - 血液の止血機能を診断

PLT 血小板 止血機能の検査 - 基準値(正常値)

検査の数値 単位:(X103/μl)

150~350 (X103/μl)

PLT 血小板 止血機能の検査 - 高い値

500 以上

351~499 … で 要注意

高い数値で疑われる疾患

  • 骨髄性白血病、本態性血小板血症

高値は 血小板血症、鉄欠乏症貧血、炎症性の病気が疑われますが 原因を特定する必要があります。

PLT 血小板 止血機能の検査 - 低い値

99 以下

100~149 … で 要注意

低い数値で疑われる疾患

  • 血小板減少性紫斑病、偽性血小板減少性、肝硬変、白血病、再生不良貧血、悪性貧血

低い値の場合は 体組織での破壊の進行、脾臓でのプーリング、骨髄での血液生産の低下が考えられます。40(X103/μl)未満に下がると 歯ぐきからの出血や鼻血が止まりにくくなります。